KAPTAIN SUNSHINE × BARBOUR

毎年、人気を博しているKAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)とBarbour(バブアー)のコラボレーションシリーズ。2021年モデルはハーフコートより少し長いくらいの丈感のスリークォーターコートと、「トランスポート」にキャプテンサンシャインらしさをミックスして生まれた「Big Transporter(ビッグトランスポーター)」の2型で展開。

さらに別売りのキルティングコートをライナーとして取り付け可能にすることで、防寒性を高め、冬も乗り越えられるような仕様となっています。既存のバブアーのラインには無い、特別感溢れるコレクションとなっています。

KAPTAIN SUNSHINE×Barbour
3/4 Coat

キャプテンサンシャイン バブアー スリークォーターコート KS21FBB02

キャプテンサンシャインのデザイナーである児島氏の私物のヴィンテージスリークォーターコートをベースに、デザインされた3/4コート。セットインスリーブをラグランスリーブに、8オンスだったワックスドコットンを4オンスにアレンジ。サイドシームがないレインコートのようなディテールを活かしつつ、太めの袖でフィールドコートのように羽織ることができ、通年で着用ができます。また、すっきりとしたダブルの前合わせとコーデュロイ襟に合わせたブラウンの裏地が、トラッドなカジュアルに上品さを加えてくれます。襟を立てた際のパターンも計算されているため、スタンドカラーでの着用もお勧めです。

Three Quarter Coat

KAPTAIN SUNSHINE×Barbour
Big Transporter Hoody Jacket

キャプテンサンシャイン バブアー ビッグトランスポーターフーディージャケット KS21FBB01

1990年代から2000年代までイギリス本国のみで展開されていた「トランスポート」。コーチジャケットのような裾が特徴で、やや短めの着丈とシルエットが人気を博していました。中古市場でも入手困難なトランスポートにキャプテンサンシャインらしさをミックスして生まれたのが「Big Transporter(ビッグトランスポーター)」。トランスポートのディティールを踏襲しながら、まったく新しいフーディーでの提案です。あえてドローコードで裾を絞り、丸みのあるシルエットにして着用すると、より今っぽい着こなしが楽しめます。

Big Transporter Hoody Jacket

KAPTAIN SUNSHINE×Barbour
Mil.No-collar Coat

キャプテンサンシャイン バブアー ミリタリーノーカラーコート KS21FBB03

単体でライトアウターして使うのはもちろん、スリークォーターコートやビッグトランスポーターのライナーとしても使用できるキルティングコートです。生地には撥水加工を施されたハイカウントナイロンクロスを使用し、軽くても高い保温性を持っています。こちらのキルティングコートをライナーとして使用いただくと、夏以外の3シーズン着用でき、長い期間様々なコーディネートをお楽しみ頂けます。



Mil.No-collar Coat

キャプテンサンシャインの商品一覧はコチラ